「グッドナイト」漫画ネタバレ 南Q太 鬼畜な姑と義姉に我が子を奪われ壊れる嫁

 

 

こんにちは。

まんがを愛してやまない主婦、ゆずゆずです

読んだ漫画の感想を書いていきま~す。

 

今回は、南Q太さんの「グッドナイト」ですよ。

 

まずはお試し読みからという方はこちらから

>>>まんが王国<<<

サイトにアクセスしたら「グッドナイト」で検索

 

 

<あらすじ>

綿貫家の長男に嫁いだ晴子は彼の両親と同居しますが、結婚当初から文句ばかり言われ扱いはまるで家政婦。

 

更に出産後に家に帰ってみると、自分のいないうち親族会議が開かれ、生まれた娘を子供の産めない夫の姉・寿子の元へ養子に出すことを決められていました。

 

受け入れられない現実、それでも夫にまで頼まれてしまい晴子は子供を手放すことになってしまいます。

 

もうお乳を吸ってくれる子供もいないのに、ガチガチに張った痛む胸を絞りお乳を出す晴子は、自分でも気づかないうちに段々と心を病んできます。

 

そして晴子は男の子を生みますが、義母に似ているその息子にたいして冷たくあたってしまいます。

 

晴子は毎日仕事をしながら、嫁として家のことをこなしていきますが、義母や義姉から繰り返される文句は変わることはなく。。。

 

 

 

<感想>

 

まるで鬼のような夫の家族。

一体いつの時代の話なのかと思ってしまうほど、晴子の扱いがひどすぎて驚きます。

晴子の人権なんてないのと一緒です。

ゆずゆずだったら、間違いなくケンカです

 

あれじゃ、晴子が病気になってしまっても仕方のないことだと思います。

むしろ、そんな状態でよくここまで頑張ってきたと思ってしまいました。

 

無神経で自分勝手な女たちと、言いなりで頼りない夫を見ていると、思わず怒鳴り返したくなります。

 

それでも晴子がこの家にとどまる理由を考えた時、思い当たるのはやっぱり、手放してしまったのことなんでしょうね。。。

 

物語は過去を振り返りながら淡々と過行く日々を描いていますが、晴子の感情があまりに薄くて、それがかえって晴子の心の痛みを浮き彫りにしていて、ゆずゆずの心にまでその痛みが伝わってくるような気がしました。

 

この鬼畜な義母と義姉、そして夫との関係も今後どうなっていくのか、とにかく続きが気になる物語でした

 

無料お試し読みはこちら

>>>まんが王国<<<

サイトにアクセスしたら「グッドナイト」で検索