「バタフライ」 ネタバレ デリヘリ嬢を泣かせた者への凄惨な血の制裁 無料お試し読みも

 こんにちは。

まんがを愛してやまない主婦、ゆずゆずです

読んだ漫画の感想を書いていきま~す

 

今回は、東元俊也さんの「バタフライ」ですよ。

 

 

まずは無料お試し読みからという方はこちら

>>>まんが王国<<<

サイトにアクセスしたら「バタフライ」で検索

 

 

都内23区を出張エリアにする風俗店、デリバリーヘルスバタフライ」は若妻からOL、現役JDやモデルまで、幅広い女の子を多数取り揃えたお店。

 

当然、良質なお客ばかりではなく、中には女の子を傷つけたり、動画を撮るような奴がいたり、ライバル店からの引き抜きなど、様々なトラブルが起こります。

 

それでもプロとして体を張り、仕事をしてくる彼女たちのために男性従業員もまた、体を張り、トラブル・非常事態時に彼女たちを守り助けに行くのです。

 

この「バタフライ」の社長・爆石優副社長の金城将は、それをモットーとし、彼女たちが危険な目に遭えば必ず相手に制裁を加えるのですが、それが思わず目を覆いたくなるようなもので。。。

 

 

 

この出張サービスって、女性からしてみれば、本当に危険と隣合わせの仕事ですよね。

 

知らない人と密室に2人きりで何かあってもそう簡単に逃げることも、助けを呼ぶことも出来ない。

 

それでも、仕事をしてくる彼女たちは本当にプロなんですよね。

 

そしてそれはきっと、彼女たちと社長たちがしっかりとした信頼関係で結ばれているからこそなんでしょうね。

 

それにしても、彼らの制裁の加え方は半端ないです。

本当に、次のページをめくるのを躊躇してしまうほど恐ろしいものでした。

 

電気ドライバーや千枚通しで穴を開けたり、男のア〇ルにナイフを出し入れしてみたり、他にもまだまだあるんですが、今思い出してもお腹がザワザワしてしまいます。

 

お互いが体を張って仕事をする「バタフライ」の話を皆さんもぜひ読んでみてください

ザワザワドキドキすること間違いないですよ

 

 

 

無料お試し読みはこちら

>>>まんが王国<<<

サイトにアクセスしたら「バタフライ」で検索