「神様のバレー」 ネタバレとあらすじも [万年1回戦負けのチームが生まれ変わっていく様にドキドキが止まらない!]

 

こんにちは。

まんがを愛してやまない主婦、ゆずゆずです
読んだ漫画の感想を書いていきま~す

 

今回は、原作・渡辺ツルヤさん、作画・西崎泰正さんの「神様のバレー」ですよ。

 

神様のバレー」をまずは無料お試し読みからという方はこちら
>>>まんが王国<<<
サイトにアクセスしたら「神様のバレー」で検索


[あらすじ]

 

アナリスト・・・それは現代バレーボールにおいて、勝敗に大きく影響する最重要な裏方とされ、ベンチの外から相手チームを分析し、監督に的確な情報を送る役でどのチームにも複数存在している。

 

そんなアナリストの阿月は少ない情報の中から的確に相手チームの状況を判断することに長けた優秀なアナリストでいつか全日本男子を引き連れて世界を制する野望を持っていました。

 

しかし尊大な態度と口の悪さから、チームの監督と度々ぶつかっていました阿月は、ある日そのチームの会長に向かって自分のバレーは世界に通用すると宣言をします。

 

それを聞いた会長は、彼にある一つの賭け話しを持ちかけてきます。

 

それは万年1回戦負けの中学校のチームを全国制覇させるというもので、もしこの賭けに勝つことが出来たら全日本男子の監督の座を用意するというものだったのです。

 

早速その学校の部活の様子を見る阿月ですがそこには元全日本女子の候補だった鷲野孝子が監督として在籍していました。

 

しかし彼女の教えはひたすら根性と気合で立ち向かうというもので、レギュラー以外の部員は球拾いと声だしだけという非効率的なものだったのです。

 

そんな根性と気合だけを教え込んできた孝子と共に、無事部員たちを導くことが出来るのか・・・

 

阿月のIDバレーが負け犬の彼らに劇的な変化をもたらします。

 

そんな万年1回戦負けの彼らと共に、全国制覇の目標を実現できるのか?!

 

 

[感想]

 

もう、これはぜひ読んでこのワクワクする感じドキドキする高揚感を味わって欲しい作品です

 

ゆずゆずはバレーに詳しくはありませんが、それでもこの高揚感と共にスピード感溢れるゲーム展開も素晴らしく、とても楽しめました。

 

万年1回戦負けのチームがどんどんと生まれ変わっていく様は読んでいてとにかく面白いです。

 

そして、そのチームを生まれ変わらせるための阿月の作戦がどこまでも深く、先の先まで読むその才能にドキドキします

 

勝つことに貪欲になっていく部員たちと優秀なサポート役の木下、根性と気合でチームを指導してきた孝子と俺様キャラ爆発の超優秀アナリスト阿月で彼らを全国優勝に導くことが出来るのか、もう目が離せません

 

皆さんも、ぜひ読んでみてください

 

神様のバレー」の無料お試し読はこちら
>>>まんが王国<<<
サイトにアクセスしたら「神様のバレー」で検索